96チーム熱戦開始 ティーボール野球神奈川大会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

96チーム熱戦開始 ティーボール野球神奈川大会

選手宣誓する永田台少年野球部の有馬海人主将

 バッティングティーに置いたボールを打って得点を競う「第23回ティーボール野球神奈川大会」(県ナショナルティーボール連盟・県野球協議会主催、神奈川新聞社など後援)が9日、横浜スタジアムで開幕した。96チーム約1500人の小学1~3年生が参加し、10日までの2日間、熱戦を繰り広げる。

 開会式では、県ナショナルティーボール連盟の山口宏会長が「ティーボール野球を通じて強い体と心を育て、仲間を大切にしてください」と激励。永田台少年野球部の有馬海人主将(永田台小3年)が「日ごろの練習の成果を発揮し、全力でプレーします」と元気よく宣誓した

 初日は1、2回戦64試合を行った。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR