たわわに柿実り 伊勢原で収穫始まる|カナロコ|神奈川新聞ニュース

たわわに柿実り 伊勢原で収穫始まる

たわわに実った甘柿を収穫する志村さん=伊勢原市下糟屋

 神奈川県内有数の甘柿の産地、伊勢原市で収穫作業が始まった。雨が多かった今年は「例年より一回り大きい」作柄となった。

 同市下糟屋の志村寿明さん(77)の畑では、「松本早生富有(わせふゆう)」がたわわに実っていた。農林水産大臣賞も受賞した柿名人だけに直径10センチほど、300~350グラムの大玉が陽光を受けて、輝いていた。

 市内では現在、66軒の農家が計約12ヘクタールで柿を栽培し、収穫量は240トンほどという。大半が市場を通さず、直売されている。作業は11月末ごろまで続く。

PR