コアラモード.〈20〉ゆかりの人を訪ねて|カナロコ|神奈川新聞ニュース

コアラモード.〈20〉ゆかりの人を訪ねて

ゆ~かり言葉 ◆日出山大雅さん/横浜BAYSIS ブッキング・エンジニア

(写真左から)横浜BAYSISの日出山大雅さん、あんにゅ、小幡康裕=横浜BAYSISのステージで

他の写真を見る
ゆ〜かり言葉

 こんにちは。横浜出身の音楽デュオ、「コアラモード.」でキーボード、ギター、ベース、ドラムなどを務めている小幡康裕です。僕らの初めてのコラム「ゆ~かり言葉」は、6月に開始から1年を迎えました。
 これまでは、僕とギター、ボーカルのあんにゅが音楽を好きになったきっかけ、コアラモード.結成までなどを書いてきましたが、今回から新シーズンが幕開け。僕らにとってゆかりがある場所、人を訪ねていく新企画をスタートします。
 
あんにゅ)記念すべき初回は、私たちが初めてワンマンライブを行った、横浜BAYSISの日出山大雅(ひでやま・たいが)さんです。よろしくお願いします。
 
日出山大雅)よろしくお願いします。
 
あんにゅ)BAYSISは、ことし6月にオープン10周年を迎えられました。おめでとうございます。日出山さんはいつごろから、お店にいらっしゃるのですか?
 
日出山)オープンして2年目、2007年の末頃です。入ったばかりのころは、PA(Public Addresの略。ライブハウスで音響などを整える仕事のこと)を担当していました。出演するバンドのブッキング(予定を組む)は2・3年目から任せてもらえるようになって。コアラモード.の2人と出会ったのは、ブッキングを初めて5年目ぐらいでした。
 
小幡)僕ら2013年に結成をして、14年の4月から桜木町の駅前に立ったりして、その後、みなとみらい21地区にある「クインーズパーク」でストリートライブを重ねていました。そして僕らの地元である、横浜で拠点になる場所を探していた時に、日出山さんと出会ったんです。BAYSISが主催していた、「ROCK-YARD at 日本丸」(桜木町、帆船日本丸前で開催しているフリーライブ)に出演させていただいたのが始まりでした。

PR