1. ホーム
  2. アーカイブズ
  3. 2002(平成14)年の世相

平成のかながわ
2002(平成14)年の世相

アーカイブズ | 神奈川新聞 | 2023年1月5日(木) 00:00

サッカーW杯日韓大会

 サッカーのワールドカップ決勝、ドイツ対ブラジルの一戦が、6月30日、横浜国際総合競技場(横浜市港北区)で行われた。
 サッカーの国内観客動員数の最多記録を更新する6万9029人がスタジアムを埋め尽くす中、世界トップの技と力がぶつかり合い、ブラジルの優勝で幕を閉じた。
 興奮冷めやらぬピッチでの表彰式でブラジル代表のカフー主将がトロフィーを高く掲げると、競技場には全国の小中学生らが平和を願い作った270万羽の折り鶴「夢の翼」が降り注いだ。

世相
 多摩川のアザラシ「タマちゃん」フィーバー
 拉致被害者が帰国
流行語
 タマちゃん W杯 貸しはがし
流行歌
 「Voyage」(浜崎あゆみ)
 「涙そうそう」(夏川りみ)
 「さとうきび畑」(森山良子)
県内
 横浜ドリームランド閉園(2月)
 横浜市長に中田宏氏(3月)
 川崎協同病院で筋弛緩剤投与死事件発覚(4月)
 寒川の旧軍跡地で毒ガス発見(10月)
国内・国際
 牛肉偽装事件(2月)
 ムネオハウス疑惑(3月)
 小泉首相が初訪朝、拉致被害者5人帰国(9月、10月)
 世界同時株安(10月)
 小柴昌俊、田中耕一両氏にノーベル賞(12月)
県人口:857万人

アゴヒゲアザラシのタマちゃん

 川崎、横浜両市内の河川に出没している人気者「タマちゃん」と見られるアゴヒゲアザラシが、10月、横浜市西区を流れる帷子川に姿を見せた。愛らしい姿を見ようと朝から川岸に集まった人たちも。
 横浜市内はじめ各地で「タマちゃん音頭」が相次いで作られ、2002年の新語・流行語大賞にも選ばれるなど、全国的なフィーバーになった。また、横浜市西区は2003年2月に「西平沼町帷子川護岸」在住の「ニシタマオ」として住民登録、「西区まちのセールス大使」に任命した。


大さん橋国際客船ターミナル

 新装なった横浜港・大さん橋国際客船ターミナルのオープンを記念した「市民と祝う入港第1船歓迎セレモニー」が開かれた。
 新ターミナルへの入港第1船はバハマ船籍の客船「クリスタルハーモニー」(その後の飛鳥Ⅱ)。同船のジョン・オークランド船長は「記念すべき日に入港できたことはうれしい」と話し、法被や花束などの記念品を受け取った。(6月2日)


横浜ドリームランド閉園

 2月17日、1964(昭和39)年に開業したレジャー施設「横浜ドリームランド」(横浜市戸塚区)が37年の歴史に幕を下ろした。
 小雨もようの中、大勢の家族連れらが、人気の乗り物などを楽しみ、ハマっ子に親しまれたレジャースポットの閉園を惜しんだ。跡地は現在、横浜薬科大学や俣野公園などになっている。
 3月には1927年から小田急沿線の住民や川崎市民らを楽しませてきた向ケ丘遊園(川崎市多摩区)も閉園。老舗の遊園地が相次いで姿を消した。


北朝鮮拉致

 北朝鮮を小泉純一郎首相が初めて訪問、北朝鮮側は日本人拉致事件の被害者8人は死亡、と通知した。安否情報が伝えられた後に横田めぐみさんの父、滋さん(前列右から3人目)らは涙の会見。 日朝交渉はその後、こう着状態に入った。(9月17日)


かながわの記憶に関するその他のニュース

アーカイブズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング