沿革

沿革

1890年02月
「横浜貿易新聞」が東京で創刊
1906年12月
「横浜貿易新報」と改題
1940年12月
「横浜新報」(横浜経済日報を改題)と合併して「神奈川県新聞」と改題
1942年02月
「神奈川県新聞」と「神奈川日日新聞(横須賀日日新聞が相模合同新聞を吸収合併してできた)」が合併して、神奈川新聞が誕生
1957年08月
横浜市中区太田町2-23の社屋(旧「十五銀行」ビルを改修)に移転
1970年12月
本館に隣接して5階建ての新館が完成。鉛活字を廃止し、フィルムを利用したコ-ルドタイプシステムの新聞制作に移行
1985年02月
カラー印刷時代に対応してオフセット印刷工場を本社敷地内に建設
1986年07月
神奈川新聞本紙カラー印刷を開始
1989年11月
(株)かなしんオフセット設立
1989年12月
綾瀬市深谷に新オフセット印刷工場(綾瀬センター)が完成
1996年03月
横浜市西区花咲町に移転
1998年01月
創刊20000号を達成(1月14日付)
2000年08月
横須賀総局を支社に格上げ
2004年03月
横浜市中区太田町の旧本社屋跡地に「横浜メディア・ビジネスセンター」完成、移転
2005年02月
創業115周年を迎える
ニュース&コミュニティサイト「カナロコ」オープン(第1フェーズ)
2005年06月
広告局と出版局、企画開発局を統合し、営業局を発足。
2007年02月
地域SNS「カナココ」オープン(第2フェーズ)
2008年04月
拡大文字(かな文字)・12段化に移行
2009年01月
編集局を統合編集局に改め、多メディア対策を強化
2010年02月
創刊120周年
2012年06月
営業局をクロスメディア営業局に改め、多メディア対策を強化
2013年04月
総合メディア局発足。「カナロコ」の抜本的リニューアルに向けて始動
2014年04月
「カナロコ」リニューアル。第3フェーズへ