会社概要

会社概要

創業
1890年(明治23年)2月1日
社是
言論の自由を守り
真実・公正な報道を貫き
地域社会とともに
明るい未来の創造を目指す
企業理念
  1. 新聞を核にした情報の拠点として発展を目指します
  2. 進取・創造の気概をもって豊かな21世紀づくりに寄与します
  3. 県民・読者のパートナーとして温もりあるコミュニティーを創ります
代表取締役社長
斉藤 準一(さいとう・じゅんいち)
資本金
3,600万円
新聞発行部数
22万部
新聞発行形態
朝刊単独
従業員数
350人
組織
【本社】経営企画室、社長室、論説委員会、システム室、経営管理局、統合編集局、総合メディア局、コミュニケーション局、販売局、クロスメディア営業局、デザインセンター
【支社・総局】東京支社、大阪支社、横須賀支社、川崎総局、湘南総局、相模原総局、県央総局、県西総局、支局13カ所
新聞題字
神奈川新聞の題字画像
現在の題字は、2006年1月から使われています。横浜を拠点に活躍しているグラフィックデザイナー中川憲造さんのデザインで、明朝体をモダンにした書体となっています。作成意図について中川さんは、「明朝体は、ファッションでいう『ちょうネクタイ』のような、フォーマル書体だと思っている。百年を超える、歴史ある新聞の顔にふさわしい表情を残しながら、また常に変化する新しい時代感を表す新聞題字として、『神奈川新聞』の5文字をカタチにした」と話しています。
社章
神奈川新聞の社章画像
県の鳥、カモメの羽ばたきをデザイン化した。図案の左上部で発展と向上を描き、右下部のハートの形は平和を象徴しています。神奈川新聞創刊40周年(1982年)の記念事業で公募し、1,508作品の中から、川崎の印刷会社で働いていたデザイナーの畑井慶之さんの作品が選ばれました。