1. ホーム
  2. スポーツ
  3. その他スポーツ
  4. 飛び込み・坂井丞、伊藤洸輝 出し尽くした末の希望の光

After TOKYO 2020
飛び込み・坂井丞、伊藤洸輝 出し尽くした末の希望の光

その他スポーツ | 神奈川新聞 | 2021年10月14日(木) 13:30

東京五輪の報告会に出席し、記念撮影に納まる坂井(左)と伊藤

 全てを出し尽くしたからこそ、相反する感情が同居する。飛び込み男子の坂井丞(ミキハウス、相模原市南区出身)と伊藤洸輝(JSS宝塚、座間市出身)。去来するのはメダルを逃したもどかしさばかりではない。さながら進路を照らす一筋の光。東京の水面に揺れた思いを胸に、新たな道を歩み始めた。

6度目の優勝

 9月中旬、宇都宮市で行われた日本選手権。第一人者の寺内健とシンクロ板飛び込みに出場した坂井は、貫禄の演技で6度目の優勝を飾った。

 東京五輪後初の実戦。「心と体が一致しないむずむず感があったが、その中でもいい演技ができた。複雑だけどやりきった感はある」。疲労をにじませつつも、晴れやかな表情を浮かべた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

その他スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング