1. ホーム
  2. スポーツ
  3. バスケットボール
  4. 女子バスケ、星槎が初優勝 男子は桐光が2年連続7度目頂点

県高校秋季大会
女子バスケ、星槎が初優勝 男子は桐光が2年連続7度目頂点

バスケットボール | 神奈川新聞 | 2021年9月12日(日) 14:34

【星槎国際湘南―相模原弥栄】

 バスケットボールの第74回全国高校選手権大会(ウインターカップ)県予選を兼ねた県高校秋季大会は12日、横須賀総合高で男女の決勝が行われた。女子は星槎国際湘南が77─76で相模原弥栄に競り勝ち初優勝。男子は桐光学園が湘南工大付を85─74で下して2年連続7度目の頂点に立った。

 前半9点のビハインドを背負った星槎は、第3クオーターで57─55と逆転に成功。第4クオーターで再びリードを許すも、最後は加倉澪奈(3年)のレイアップシュートで勝ち越した。

【桐光学園―湘南工大付】

 桐光は第3クオーター終盤に谷口律(同)の連続得点で65─62と逆転。最終クオーターも谷口の4連続得点に角田十希(同)の3点シュートもさえ、一気に突き放した。

 星槎、桐光は12月23日から東京体育館などで行われるウインターカップに出場する。

【桐光学園―湘南工大付】
【星槎国際湘南―相模原弥栄】

「新しい歴史をつくれた」 女子・星槎国際湘南の逆転劇

 77―76の第4クオーター残り6.8秒。相手のレイアップシュートがリング上で3度弾んで外に落ちると、試合終了のブザーが鳴り響いた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

バスケットボールに関するその他のニュース

バスケットボールに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング