1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 高校野球
  5. 桐光が打撃戦制す 今夏4強の慶応に13対6

高校野球 秋季県大会
桐光が打撃戦制す 今夏4強の慶応に13対6

高校野球 | 神奈川新聞 | 2021年9月11日(土) 17:16

【慶応-桐光学園】

 高校野球の秋季神奈川県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第3日は11日、サーティーフォー保土ケ谷球場などで2、3回戦が行われ、桐光学園が今夏4強の慶応を13─6の八回コールドで下した。12日の4回戦で鎌倉学園と対戦する。

 桐光は初回に5四死球や針谷隼和(2年)の2点二塁打などで6点を先制。二回には小沢勇輝(2年)の適時打で2点を追加した。一時は2点差に詰め寄られたものの、六回に内野ゴロの間に1点を追加。最後は主将篁哲郎(2年)の3点打で試合を決めた。

 先発した主戦針谷は慶応打線に13安打を浴びるも完投。野呂雅之監督(60)は「うちの方がちょっとミスが少なかった。(2点差に追い上げられた)六回に作戦通りの点の取り方ができた」と勝因を語った。

高校野球に関するその他のニュース

高校野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング