1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. ベイスターズ
  5. ベイスターズ、育成・宮国と支配下契約へ 2軍巨人戦で好投

ベイスターズ、育成・宮国と支配下契約へ 2軍巨人戦で好投

ベイスターズ | 神奈川新聞 | 2021年8月30日(月) 05:00

練習に励む宮国=11日、横須賀市夏島町の2軍施設「DOCK」

 横浜DeNAが育成選手の宮国椋丞投手(29)と支配下契約を結ぶことが29日、関係者の話で分かった。昨季巨人を戦力外となり、3月に加入した右腕は先発候補として期待されている。30日にも球団から発表される。

 支配下登録が可能な8月末の期限が迫る中、最終テストとなった28日のイースタン・リーグ、巨人戦で6回を6安打無失点と好投。球団関係者は「試合を重ねるごとに球威が戻ってきていた。内角もしっかり突けていた」と明かし、1軍の戦力としてのめどが立った。

 宮国は2011年に沖縄・糸満高からドラフト2位で巨人に入団。13年には開幕投手を務めたが、昨シーズン終了後に10年間所属した巨人から戦力外通告を受け、昨年12月に12球団合同トライアウトに参加。獲得オファーはなかったが、トレーニングを続けていた。

 ことし3月にベイスターズの球団施設でテストを受け、育成選手として加入。ここまでイースタン・リーグで20試合に登板し、4勝3敗、防御率4・85の成績をマークしている。

育成選手として入団し、ポーズをとる宮国=横浜市中区の球団事務所(球団提供)

横浜DeNAに関するその他のニュース

ベイスターズに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

野球に関するその他のニュース

アクセスランキング