住宅火災続発、3人死亡 藤沢・茅ケ崎市内|カナロコ|神奈川新聞ニュース

社会

住宅火災続発、3人死亡 藤沢・茅ケ崎市内

  • 公開:2019/01/11 11:55 更新:2019/01/11 19:00
  • 神奈川新聞

 10日夜から11日未明にかけて、藤沢と茅ケ崎市内で住宅とアパートの火災が相次ぎ、計3人の遺体が見つかり、県警は身元や出火原因を調べている。
続きを読む
 
 10日午後9時35分ごろ、藤沢市高谷の男性(88)方から火が出ている、と男性の妻(81)から119番通報があった。藤沢署によると、木造2階建て住宅の1階と2階の一部、計37平方メートルを焼いた。焼け跡から性別不明の1人の遺体が発見され、男性と連絡が取れていないという。妻も病院に運ばれたが死亡が確認された。
 
 男性は妻と長男(51)の3人暮らしで出火当時、長男は出張中だった。
 
 11日午前0時50分ごろには、茅ケ崎市浜須賀の木造2階建てアパート1階の男性(71)方から煙と炎が上がっている、とアパート住民から119番通報があった。茅ケ崎署によると、同室と2階の壁など計40平方メートルを焼き、1人の遺体が発見された。男性は1人暮らしで、連絡が取れていないという。

COMMENTSコメント

PR