「東京湾大感謝祭」開幕 大さん橋でシンポジウム|カナロコ|神奈川新聞ニュース

暮らし話題

「東京湾大感謝祭」開幕 大さん橋でシンポジウム
20、21日に赤レンガ倉庫で催し

  • 公開:2018/10/19 02:00 更新:2018/10/19 02:00
  • 神奈川新聞

 東京湾の魅力や恵みを堪能する「東京湾大感謝祭2018」が18日開幕し、専門家による「東京湾シンポジウム」が横浜市中区の大さん橋ホールで開かれた。20、21の両日は横浜赤レンガ倉庫をメイン会場に、同ホールでも多彩な催しが開かれる。
続きを読む

 シンポジウムは国土交通省国土技術政策総合研究所が主催し、モノのインターネット(IoT)など新たな技術を用いて環境の変化を把握しようと、研究者らが最新の成果を報告した。

 同ホールでは20、21の両日、釣り具のアウトレット販売、ふるさと納税の返礼品を紹介するフェアが催される。20日午後1時半からは熊本県のPRキャラクター「くまモン」が登場する予定。

 横浜港大さん橋国際客船ターミナルの山下公園側岸壁では両日、「横浜港大さん橋マルシェ」が催される。10回目を迎え、全国や県内から名産品を扱う約40店舗が出店する。

 いずれも入場無料で、大さん橋内では両会場を結ぶ通路を設ける。問い合わせは、東京湾大感謝祭実行委員会電話03(5805)1059。横浜港大さん橋マルシェ実行委員会電話045(227)0820。

COMMENTSコメント

PR