【速報】ツイッターで在日女性を脅迫 容疑で藤沢の男性を書類送検|カナロコ|神奈川新聞ニュース

社会

【速報】ツイッターで在日女性を脅迫 容疑で藤沢の男性を書類送検

  • 公開:2018/05/24 20:44 更新:2018/05/25 09:42
  • 神奈川新聞
【時代の正体取材班=石橋 学】在日コリアンの女性に対し、危害を加えるとする投稿をツイッターで繰り返したとして、川崎署は24日までに脅迫の疑いで、藤沢市在住の男性(50)を書類送検した。17年8月に川崎市川崎区に住む、在日3世の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(44)が刑事告訴していた。書類送検は18日付。
続きを読む

 書類送検容疑は、2016年8月と17年4~5月に、「近所で買い物してくるか。すれ違うかもしれないから通報しやがれ」「ナタを買ってくる予定」などとツイートし、崔さんを脅迫した、としている。

 同署によると、男性は容疑を認めている。男性は「極東のこだま」のアカウント名で、レイシスト(人種差別主義者)を名乗り、崔さんの近所に住んでいるかのように装っていた。ヘイトスピーチ反対運動に取り組む崔さんに対するヘイトスピーチを2016年2月からツイッターで始め、代理人弁護士によると、1年半の間で、ヘイトスピーチの投稿は数百件に上ったという。

 都内で記者会見した崔さんは「長い間、ネットで攻撃され、生きるのを諦めたくなる瞬間もあった」と振り返り、「匿名であっても許されることなく、刑事責任が問われるという社会の正義が示されることを望む」と話した。

COMMENTSコメント

PR