再生エネ外交を提言 「河野カラー」に波紋も|カナロコ|神奈川新聞ニュース

政治・行政

再生エネ外交を提言 「河野カラー」に波紋も

  • 公開:2018/05/04 11:00 更新:2018/05/04 12:52
  • 神奈川新聞

 地球温暖化対策を日本外交の主軸に-。外務省の有識者会合が3日までに、こんな提言をまとめた。再生可能エネルギーによる発展途上国支援や、脱炭素社会の枠組み作りの主導などが盛り込まれ、環境分野に関心の高い河野太郎外相(衆院15区)の「カラー」がにじむ内容だ。政府のエネルギー政策よりも踏み込んだ提言に一部で波紋が広がる中、実現に向けた取り組みに注目が集まる。
続きを読む

 「外交の責任者として、しっかりと受け止めたい」。4月19日、外務省で有識者のメンバーと向き合った河野氏は、満足そうに提言を受け取った。

 有識者会合は1月、研究者や経営者ら9人をメンバーに、河野氏の肝いりで発足した。2月に最初の提言として、化石燃料確保を中心とした従来のエネルギー外交から、温暖化対策で世界を先導する外交への転換を提案。4月に最終の提言がまとめられ、再生エネの技術を生かした途上国支援や、温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を念頭とした施策強化を求めた。

 ただ、燃料費は安い一方で二酸化炭素(CO2)排出量が多く、国内でも評価が分かれる石炭火力発電を「廃止」とするなど、踏み込んだ内容は波紋を呼ぶ。「政府のエネルギー政策を否定するような提言。慎重な取り扱いが必要だ」。2月の提言後、国会で電力業界出身の野党議員からくぎを刺されると、外務省は「(省の見解ではなく)あくまで有識者の考え方」と釈明に追われた。政府内でも世耕弘成経済産業相が「論評は差し控える」と距離を置くなど、受け止めには温度差がある状況だ。

 提言は今後、どう生かされるのか。河野氏は「日本の外交の中に盛り込みたい」と話すが、外務省関係者は「これから検討する」と述べるにとどめる。

 一方で期待を寄せる声もある。河野氏と超党派で「原発ゼロ」推進に取り組んできた立憲民主党の阿部知子氏(衆院12区)は、有識者会合を立ち上げた試みを「閣内で自由に発言できない中、再生エネに力を入れたい思いが伏線となっているのでは」と河野氏の狙いを推し量り、こう話す。

 「気候変動は干ばつや飢餓など世界の紛争の根源となっており、外交上も重要なテーマ。提言の実現に向け、気候変動対策を外交のツールとして考えられる人材を育成するなど、省内の体制を確立させてほしい」

◆「地産地消」も取り入れ
 小田原の企業参加

 有識者会合には、徹底した省エネ設備を導入している「鈴廣かまぼこ」(小田原市)の鈴木悌介代表取締役も参加。同社が実践するエネルギーの「地産地消」は「地域分散型エネルギーモデルで世界に貢献する」などと提言にも取り入れられた。

 鈴木氏は提言を「事務局の案もなく、データに基づき、メンバーでゼロから議論した成果」と強調。「世界の潮流や日本の立場を一番敏感に知る外務省が、エネルギー政策に言及するのはもっともなこと。外務省の今後の施策を見守りたいし、提言した私たちも市民レベルに取り組みを広げていきたい」と話している。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR