夏の南北神奈川 第1シード8校が決定 高校野球春季県大会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

高校野球

夏の南北神奈川 第1シード8校が決定 高校野球春季県大会

  • 公開:2018/04/16 02:00 更新:2018/04/16 02:00
  • 神奈川新聞

 高校野球の春季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第4日は15日、サーティーフォー相模原球場など4会場で4回戦8試合を行い、金沢が横浜隼人を3-2で破り、創部初となる春の県大会8強入りを果たした。横浜商大、湘南学院、東海大相模なども準々決勝に進み、南北に分けて行われる夏の神奈川大会で第1シードとなるベスト8が出そろった。
続きを読む

 第5日は21日、サーティーフォー保土ケ谷球場で慶応-桐光学園(試合開始午前10時)、東海大相模-横浜商大(同午後0時半)の準々決勝2試合を行う。


COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR