デートDV悩まないで 市民団体がサイト開設|カナロコ|神奈川新聞ニュース

社会

デートDV悩まないで 市民団体がサイト開設

  • 公開:2018/03/17 02:00 更新:2018/03/17 02:00
  • 神奈川新聞

 交際相手からさまざまな暴力を振るわれるデートDV(ドメスティックバイオレンス)について、情報発信するインターネットサイト「notAlone」(ナタロン)が開設された。立ち上げたのは、デートDVの予防教育や当事者の支援活動などに取り組む団体で構成する「デートDV防止全国ネットワーク」。サイトは当事者のほか家族など周囲の人たち、支援団体などに必要な情報が集まる場になっている。
続きを読む

 サイトでは「殴られる」「すぐ返信しないと怒られる」など、デートDVが疑われる行動とともに、被害者本人や友人、教職員らができる対応策を紹介。全国の相談窓口やイベント告知なども掲載している。

 学生らがつづったデートDVの体験談もあり、読んだ人がその場で自らの経験を送信することも可能。デートDVに関する活動をしている学生ボランティア団体などのメッセージも集め、若者の声にも焦点を当てている。

 ネットワークの事務局を置くNPO法人エンパワメントかながわ(横浜市神奈川区)は「ここに来ればデートDVについてのあらゆる情報がある。各地の団体の活動などが表に出るきっかけにもなれば」と話す。ナタロンのURLはhttp://notalone-ddv.org/。18日には東京都内でデートDV防止スプリングフォーラムが開かれる。参加費4千円(学生は無料)。問い合わせは、エンパワメントかながわ電話045(323)1818。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR