困窮者、行き場どこへ 札幌支援住宅火災1カ月 「人ごとではない」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

社会

困窮者、行き場どこへ 札幌支援住宅火災1カ月 「人ごとではない」

  • 公開:2018/03/04 12:47 更新:2018/03/04 18:33
  • 神奈川新聞

 11人が犠牲となった札幌市の自立支援住宅の火災から1カ月が過ぎた。浮かび上がったのは、住まいの確保が困難な生活困窮者の姿だ。ようやくたどり着いた施設での暮らしは長期化し、老い、やがて終(つい)の住処(すみか)となる。受け皿役を担う民間団体の“善意”に頼る現状には限界が見え、専門家は福祉行政に住宅施策の視点を取り入れるべきと訴える。
続きを読む

 午後6時過ぎ。揚げ物の香ばしい匂いに吸い寄せられるように、夕食の配膳が始まった食堂に年配の男性が続々と集まり始めた。NPO法人「ふれんでぃ」(川崎市川崎区)が運営する無料低額宿泊所「堤根寮」の入所者たちだ。

 この日の献立は、カキフライや大根の煮物などが盛り付けられたプレートに、ご飯とみそ汁。「1日3食、栄養バランスの取れた食事を提供しています」。そう話すのは、同法人理事の皆川智之さん(46)。

 鉄筋5階建てビルを借り上げ、4畳半の個室などに17~84歳の男性64人が暮らす。平均年齢は66歳。無料低額宿泊所は社会福祉法上、住まいのない人を一時的に受け入れる施設だが、住んで10年以上になる人も少なくない。

 「入所者の高齢化で長期間滞在する人が増え、空いていても一、二つ。常に満床状態が続いている」

 利用料は食費や光熱費を含め生活保護費の範囲内で収まる月10万円程度。スタッフが常駐しており、各フロアに消火器や火災報知機が設けられている。防火対策の一つとして石油ストーブは置かず、エアコンを使うようにしている。ただ、スプリンクラーはない。

 寮の運営に公的補助はなく、利用料の一部の入居費だけで賄っている。防火体制を充実させようにも資金を回す余裕はない。「注意喚起しかできず、ソフト面で対応せざるを得ない」。体が不自由な人もいるため、防災訓練ではほかの入所者が協力して避難させるようにしたという。

 札幌市で起きた共同住宅の火災を人ごととは思えない。皆川さんは「生活困窮者や高齢者だけでなく、障害のある人や介護が必要な人もいる。それぞれに合った受け皿を社会がどう用意していくかという議論が必要ではないか」と訴える。

 東京都北区出身の男性(74)は入って17年。住み込みで土木作業員として働いていたが、借金の取り立てから逃れるために路上生活を始めた。数日間まともな食事が取れず、すがる思いでたどり着いた場所がここだった。

 「今の生活に不満はない。同じような火災が起きたら、それは運命だから」。抑揚のない声で、男性は言った。

COMMENTSコメント

PR