緻密な西陣織で若冲の名画再現 藤沢|カナロコ|神奈川新聞ニュース

暮らし話題

緻密な西陣織で若冲の名画再現 藤沢

  • 公開:2018/02/16 10:47 更新:2018/02/16 12:35
  • 神奈川新聞

 江戸時代の絵師、伊藤若冲(1716~1800年)の「動植綵絵(さいえ)」30幅と「釈迦(しゃか)三尊像」3幅を西陣織で工芸作品として再現した展示会が、藤沢駅北口のさいか屋藤沢店5階ギャラリーで開催されている。実際の作品より一回り小さい横35センチ、縦70センチほどに織り上げ、掛け軸に仕立てている。
続きを読む

 1作品に使う経糸(たていと)は2700本、15色ほどに染め分けた緯糸(よこいと)は1万5千本。極彩色で緻密な描写を再現する技は、広げた帯に置かれた拡大鏡で確認できる。

 西陣織の技法をアピールし帯製品以外の受注につなげようと、京都の織元が通常の帯に使う3分の1の太さの絹糸を用いる「西陣美術織」という手法を開発。2016年の若冲生誕300年を機に33幅を紹介する全国巡回展を始め、藤沢は67会場目。33幅そろっての展示は県内初という。

 入場無料。20日まで(最終日は午後3時まで)。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR