保土ケ谷の少年野球連盟が30周年|カナロコ|神奈川新聞ニュース

暮らし話題

保土ケ谷の少年野球連盟が30周年

  • 公開:2018/01/16 10:09 更新:2018/01/16 10:41
  • 神奈川新聞

 横浜市保土ケ谷区と近隣の少年野球チームが参加する大会を開いているフレッシュカップ連盟の30周年を祝う会が12日夜、同区のスポーツクラブで開かれ、関係者ら約50人が参加した。
続きを読む

 同連盟は春と秋に大会を開き、昨年秋には60回を迎えた。決勝は高校野球の名門、横浜隼人高校のグラウンドで行っていることから、同校の水谷哲也監督や長年大会を支える賛助会員らに感謝状を贈った。

 寺園暁会長が「昨年はベイスターズの日本シリーズ進出が大きな話題になった。少年野球は底辺だが、ここがなければスーパースターのファインプレーもないと自負して頑張っていきたい」と決意を語った。

 甲子園大会の解説で知られる鬼嶋一司さんや地元の市立桜丘高校出身でプロ野球巨人コーチの阿波野秀幸さんらが駆け付け、祝辞を述べた。

 会場では歴史を伝える映像も流され、思い出を語りながら連盟の節目を祝っていた。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR