発達障害、育児の悩みを回答 川崎市自閉症協会代表理事が書籍出版|カナロコ|神奈川新聞ニュース

社会

発達障害、育児の悩みを回答 川崎市自閉症協会代表理事が書籍出版

  • 公開:2018/01/11 14:04 更新:2018/01/11 14:05
  • 神奈川新聞

 川崎市自閉症協会代表理事の明石洋子さん(71)=川崎区=が、発達障害のある子の子育ての悩みにQ&A方式で答える本を出版した。知的障害を伴う自閉症がありながら、公務員試験に合格し市職員として働く長男徹之さん(45)を育てた経験を踏まえ、子どもの自立につながる実践的なアドバイスを分かりやすくまとめた一冊だ。
続きを読む

 明石さんは、自閉症の研究や療育が乏しい40年前に、力で押さえ込むのではなく、徹之さんの思いや自己決定を尊重した育児を実践したことで知られる。障害者福祉の分野で活躍した人に贈られる糸賀一雄記念賞も昨年11月、当事者として初めて親子で受賞した。

 明石さんの4冊目となる著作は「思いを育てる、自立を助ける」(A5判176ページ、1944円、本の種出版)。発達障害には特定の物事に強いこだわりを示す自閉症や落ち着きがない多動性障害などがあるが、その子育てに悩む親からの34の相談に答える形でまとめた。

 わが子の障害を受け入れる親の心構えや地域との関わり方を説く「ありのままに地域で生きる」と、日常生活に最低限必要な力を育む「思いとスキルを育てる」の全2章で構成した。

COMMENTSコメント

PR