茅ケ崎市保健所がオープン 「地域の課題解決へ」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

政治・行政

茅ケ崎市保健所がオープン 「地域の課題解決へ」

  • 公開:2017/04/06 02:00 更新:2017/04/06 02:00
  • 神奈川新聞

 4月から保健所政令市に移行した茅ケ崎市で5日、市保健所開所式が行われた。市保健所は県茅ケ崎保健福祉事務所の庁舎(同市茅ケ崎)を活用し、隣の寒川町域も含めて保健衛生業務を担う。
続きを読む

 市は、県から移譲された栄養指導業務や海水浴場設置許可などの業務に加え、市が従来担ってきた母子保健や予防接種事業なども市保健所に集約する。市によると、周辺自治体の保健所業務を委託されるのは全国で初めて。

 式典では、服部信明市長が「業務が滞りなく進んでいくよう職員一丸となって対応していかなければならない」と強調。中核市移行を見据え「次のステップに進むため、地域が抱えている課題を解決できる保健所であるよう、県や寒川町などからも引き続き、力添えをいただければ」と話した。

 市は2017年度当初予算案に、保健所運営事業費として1億9300万円を計上していた。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR