傍聴者に「出てけ」 共産党に猛省求める決議案可決|カナロコ|神奈川新聞ニュース

政治・行政

傍聴者に「出てけ」 共産党に猛省求める決議案可決
神奈川県議会

  • 公開:2016/05/17 02:00 更新:2016/05/24 11:51
  • 神奈川新聞

 県議会は16日、本会議を開き、相次ぐミスや不手際で議会運営に停滞や混乱を引き起こしたとして共産党に猛省を求める決議案を賛成多数で可決した。自民、民進、公明、県政、県進の5会派による共同提案。特定会派に対する決議は過去に例がなく、極めて異例。
続きを読む

 決議案では、昨年からミスや不適切な発言が相次いだ共産に対して「議会運営に携わる交渉団体として、不適格と言わざるを得ない事態を引き起こした」と指摘。「これ以上議会運営が混乱することは、県政のチェック機能、政策提言などその役割を果たすことに支障をきたすもので、遺憾だ」とした上で、「交渉会派として重い責任を持ち、その責務を果たすことを求める」「再度このような事態を招いたときには交渉団体の立場を辞する覚悟を持って議会運営に臨み、これまで引き起こしてきた事態に猛省することを求める」とした。

 共産は「団の権利の制約を狙うものならば、議会制民主主義に照らしても許されない」などと反対討論。提案説明をした自民を除く4会派が賛成討論した。採決では、神奈川ネット1人が退席し、共産6人以外が賛成した。

 この問題を巡っては、共産が昨年、県議会の海外調査を批判したことを発端に、委員会の発言内容の事実の有無を二転三転させるなどの事態が相次いだ。共産は謝罪した上で、第1回定例会の代表質問を辞退したが、再び本会議の討論で賛否を間違えていた。

 これを受けて県議会は共産への対応策として、代表質問の制限か、これまでの経緯への謝罪を書面で示すよう求めることを協議。12日の議運委で最終的に、共産に猛省を求める決議案を出すことが決まった。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR