みなと&わたし:屋形船最大の見せ場|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横浜みなと新聞

みなと&わたし:屋形船最大の見せ場

  • 公開:2016/03/14 13:27 更新:2016/12/20 10:58
  • 神奈川新聞

 屋形船で、花見や花火大会見物、歓送迎会など、多様なサービスを提供するピア・フォー(横浜市神奈川区)。「横浜港を巡るクルーズで、お客さまが一番盛り上がるのは船が横浜ベイブリッジを通過する時」と飯田佳奈子代表。通過後、船がUターンすると、みなとみらい21(MM21)地区の夜景が広がり、再び歓声が上がるという。船ならではの体験が人気の理由だ。
続きを読む

 父(故人)が創業した会社を受け継いだのは2007年。東日本大震災発生直後は約3週間の休業を強いられ、海の安全が守られているからこそ、船を動かすことができると実感した。

 「私たちの仕事は海運業。海を楽しんでもらうと同時に、海の上でのルールを学び、次世代を担う子どもたちに伝えていきたい」。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR