アラフォーからの看護学校|カナロコ|神奈川新聞ニュース

特報

アラフォーからの看護学校
県内で急増中 社会人経験、現場も歓迎

  • 公開:2016/03/08 09:28 更新:2017/12/08 23:12
  • 神奈川新聞
 県内の看護学校(3年課程)で、社会人経験者を含む新卒以外の入学者が増えている。35歳以上が急増、40歳以上の人数は全国最多だ。看護師が不足しているという認識が一般に広まり、志願への背中を押す一方、現場からは社会経験を積んだ人材を歓迎する声も上がる。超高齢化が進む2025年問題を控え、支援や法整備も進む。 
続きを読む

 県内の15年度の新卒以外の入学者は、20年前よりも353人多い625人。全体に占める割合は36・1%で、全国平均26・1%を大幅に上回る。

 人数は全国3位だが、上位の大阪、東京よりも新卒以外の割合が多いのが特徴だ。40歳以上は41人で、2位東京の26人を大きく上回った。35~39歳でも58人と東京に次ぐ2位につける。

 社会人経験者が増える背景を、横浜市病院経営本部人事課は「看護師不足という社会的認知が広がっている」と分析。「雇用環境が不安定の中、資格の重要性の認識も高まっているのでは」と推測する。

COMMENTSコメント

PR