特報

時代の正体〈125〉立ち上がる若者たち(上)憲法破壊本当に止める

  • 公開:2015/06/28 11:07 更新:2017/03/31 23:24
  • 神奈川新聞
国会前で行ったデモでマイクを握る奥田愛基さん=19日

国会前で行ったデモでマイクを握る奥田愛基さん=19日

 明治学院大4年、奥田愛基(あき)(23)は緊張の面持ちで、東京・渋谷のハチ公前広場に現れた。
続きを読む

 27日午後4時。関心のなさそうな人、露骨に目障りだと払いのけるようにして通り過ぎる人、街宣車を見上げる人。

 奥田がマイクを手に取った。

 「何で僕らが渋谷の真ん中で街宣アピールやってるかっていうと、今の政治がめっちゃおかしいぞ、この戦争法案だけは絶対通しちゃいけないと思ったからです。僕は中学生の時に立憲主義を習った。権力を縛るために憲法があるってこと。でもそんなことが守られない政治がまかり通っている」

 2013年12月に設立した「SASPL」(サスプル)という学生団体で特定秘密保護法に反対してきた。これを衣替えし、この日のデモを主催した「SEALDs」(シールズ)という団体を立ち上げたのは今年の5月のことだった。安全保障関連法案の国会審議が始まろうとしていた。

 次第に熱を帯びる口調に聴衆が聞き入る。

 「法律を守らなかったら逮捕されちゃう。政治家がそれやったら首が飛ぶ。辞めさせなきゃいけないってこと。僕らは安倍首相を辞めさせなきゃいけないって思っているんです」

 安倍政権による集団的自衛権の行使容認も、安保法案も憲法違反だと訴えた。

COMMENTSコメント

※このコメント機能は Facebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社神奈川新聞社は一切の責任を負いません。

PR