1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 酔客狙いカード無断使用 手口共有か、横浜・福富町で多発

酔客狙いカード無断使用 手口共有か、横浜・福富町で多発

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月21日(火) 05:30

酔客がクレジットカードなどを無断使用されて高額の被害に遭う事件が相次ぐ横浜市中区の福富町地区(画像の一部を修整しています)

 接待を伴う飲食店で利用客が意識をなくし、クレジットカードなどを無断使用される被害が、横浜市中区の福富町地区で多発している。

 狙われるのは酔客で、同地区の複数店舗で発生。神奈川県警は手口が共有されている可能性があるとみる。伊勢佐木署がプロジェクトチームをつくって捜査や抑止対策に努めるが、「昏睡(こんすい)強盗」としての立件は容易でない。

 「身に覚えのないクレジットカード決済がある」。50代の男性が伊勢佐木署を訪れてそう被害を相談したのは7月のこと。

2、3杯飲んだ後

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

風営法に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング