1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜で2人死亡200人感染 磯子郵便局のクラスター拡大

新型コロナ
横浜で2人死亡200人感染 磯子郵便局のクラスター拡大

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月16日(木) 18:53

横浜市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横浜市は16日、80代~90代の女性2人の死亡と10歳未満~90代の男女200人の感染が新たに確認されたと発表した。重症1人、中等症3人、軽症166人、無症状16人で、14人の症状が分かっていない。うち119人の感染経路が不明。

 市によると、死亡した80代女性はクラスター(感染者集団)が確認されている横浜総合病院(同市青葉区)に別の疾患で入院していた。8月29日に陽性と判明、9月9日に亡くなった。脳梗塞などの基礎疾患があったという。同病院に関連し、これまでに41人の感染が判明しているが、亡くなったのは初めて。

 90代女性は呼吸苦から14日に救急搬送され、病院で陽性と判明。間もなく亡くなった。高血圧の基礎疾患があったという。

 市は職員6人の感染が判明した市戸塚土木事務所(同市戸塚区)を新たなクラスターと認定した。すでにクラスターが確認されている磯子郵便局(同市磯子区)では、新たに職員8人の感染が判明した。同局では通常郵便物の配達業務を休止している。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング