1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コロナ禍のヒロシマ(上)活動激減、記憶継承へ全力

平和つなぐ 広島被爆75年
コロナ禍のヒロシマ(上)活動激減、記憶継承へ全力

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月4日(金) 10:00

8歳で被爆した当時の体験を語る岡田さん=2日、広島市中区

 子どもたちに語って聞かせるのは、半年ぶりだった。

 7月15日。被爆者の岡田恵美子さん(83)=広島市東区=は、広島平和記念資料館(原爆資料館、同市中区)のホールに立っていた。

 新型コロナウイルス感染症の影響で臨時休館した2月末以来、館内で開かれた被爆証言に集まったのは、兵庫県明石市の小学6年生85人。再開後、同館が初めて受け入れた修学旅行生だ。児童は1席ずつ間隔を空けて着席し、300人を収容できるホールいっぱいに広がっていた。手作りのマスクを付けた岡田さんの目の前には、透明なアクリル板も設けられた。

 いつものように子どもたちの間を歩きながら、一人一人の目を見つめて語り掛けることはできない。それでも、証言が再開できたことに「喜びと感謝しかなかった」。寄せられる真剣なまなざしを感じつつ、岡田さんはゆっくりと口を開いた。

 1945年8月6日。爆心地から2・8キロ離れた自宅で、幼い弟2人と朝食を食べていた。ふと窓の外に目をやると、こちらに向かって何かが飛んでくるのが見えた。「あ、飛行機」。その瞬間、すさまじい光が目に飛び込んできた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

原爆に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング