1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 樋口一葉の魅力に迫る 神奈川近代文学館、原稿や遺品展示

樋口一葉の魅力に迫る 神奈川近代文学館、原稿や遺品展示

話題 | 神奈川新聞 | 2021年10月14日(木) 12:11

一葉文学の魅力を多角的に伝える会場=神奈川近代文学館

 「たけくらべ」「にごりえ」など不朽の名作を残し、肺結核のため24歳で早世した明治期の作家・樋口一葉(1872~96年)の魅力に迫る「樋口一葉展─わが詩は人のいのちとなりぬべき」が、神奈川近代文学館(横浜市中区)で開かれている。

 家族を養うために文筆をなりわいとし、短くも力強く生きた女性の実像とその作品世界が浮かび上がる。11月28日まで。

17歳で父亡くし、男性上位社会の中での悔しさや失望も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

県立神奈川近代文学館に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング