1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 民主党議員の転倒問題、甘利氏の懲罰動議が廃案

民主党議員の転倒問題、甘利氏の懲罰動議が廃案

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2010年6月16日(水) 23:31

自民党の甘利明前行革担当相(衆院比例南関東)に「暴力行為があった」として、民主党が衆院へ提出していた懲罰動議が、1カ月たなざらしにされたまま16日の通常国会閉会とともに廃案となった。

動議の対象となったのは5月12日の衆院内閣委員会でのトラブル。国家公務員法改正案の採決の際、傍聴していた民主党議員が転倒した。同党は当初、「転倒は同委員の甘利氏の突き飛ばしが原因で打撲も負った」と説明。14日に衆院に提出した懲罰動議では「別の議員への突き飛ばしで玉突き状態となり、打撲を負った議員も倒れた」と説明の内容を変更していた。

甘利氏は一貫して暴力行為を否定。転倒の模様を報じたニュース映像が動画掲示板で流され、「甘利の拳」「空気投げ」と論評されるなど話題となった。

【】

懲罰動議に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング