1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 川崎市、資源ごみ持ち去り禁止へ ホームレス自立支援も強化

川崎市、資源ごみ持ち去り禁止へ ホームレス自立支援も強化

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年8月27日(金) 05:30

廃棄されていた自転車を持ち去ろうとした人の車両。市職員が注意した=2017年、川崎市内(同市提供)

 川崎市は9月2日に開会する第3回市議会定例会に、資源ごみの持ち去りを禁止するための条例改正案を提出する。

 トラックなどを使った「悪質かつ組織的な資源ごみの持ち去り」を防ぐ狙い。一方で、空き缶の回収で生活の糧を得るホームレスの自立支援を強化するという。

 神奈川県内では横浜、相模原など15市が条例で資源ごみの持ち去りを禁止している。川崎市は来年4月1日の施行を目指す。

違反者に罰金も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ごみに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング