1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大磯町の公共施設自販機、ペットボトル廃止 プラごみ削減へ

大磯町の公共施設自販機、ペットボトル廃止 プラごみ削減へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月11日(火) 05:30

ペットボトル入りの飲料水を廃止し、缶入りのみ扱っている自動販売機=大磯町役場

 プラスチックごみを削減しようと、大磯町は4月から公共施設の自動販売機で扱うペットボトル入りの飲料水を廃止した。

 プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化しており、同町財政課の担当者は「海岸がある大磯町も人ごととせずに取り組みたい」と話している。

 同町の公共施設に設置された自動販売機で扱う飲料水について、メーカーとの契約が3月末で満了となるのを前に、町はペットボトル入り以外の商品を条件として入札を実施。別のメーカーと3年契約を結び、4月から町役場や町立図書館など14カ所計16台で缶入りのみ扱っている。

きっかけは漂着クジラ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

環境問題に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング