1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 知事、宣言前倒し解除に否定的 感染数減少「ペースが鈍化」

新型コロナ
知事、宣言前倒し解除に否定的 感染数減少「ペースが鈍化」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月23日(火) 20:55

 神奈川県の黒岩祐治知事は23日、首都圏各知事とともに西村康稔経済再生担当相とテレビ会議で新型コロナウイルスの感染状況を意見交換した。黒岩知事は、県内は感染者の減少ペースが鈍化しているとして、緊急事態宣言解除の前倒しは困難と訴えた。

 非公開で開催された会議後に取材に応じた知事は「ここのところ、前の週の同じ曜日よりも感染者が増える日がある」と説明。宣言期間の3月7日まで、現在の対策を徹底する必要があるとの認識を示した。

 「宣言が解除されてまた急増するのは一番避けたい。ここで抑え込み…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング