1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜・林市長が再入院 市「帯状疱疹で左顔面麻痺」

横浜・林市長が再入院 市「帯状疱疹で左顔面麻痺」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年1月19日(火) 17:05

 横浜市は19日、帯状疱疹(ほうしん)の治療を終えて退院した林文子市長(74)が同日、市内の別の病院に再入院したと明らかにした。期間は約2週間の予定で、職務代理者は置かないとしている。

 市長は10日、市内の病院に入院。18日に退院して市長公舎で療養し、21日に公務に復帰するとしていた。

 市によると、林市長は退院翌日の19日に不調を訴え、別の病院で「帯状疱疹に伴う左顔面麻痺(まひ)」と診断を受けて入院加療することになったという。

 2月1日から市会第1回定例会が始まるが、1日目の本会議などは欠席する見通し。林市長は11日の成人式を欠席していた。

林文子(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング