1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「感染状況は危機的」全国知事会が特措法改正へ与野党に提言

新型コロナ
「感染状況は危機的」全国知事会が特措法改正へ与野党に提言

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年1月14日(木) 05:00

特措法改正へ与野党に提言

 全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部副本部長を務める黒岩祐治知事は13日、自民党本部で下村博文政調会長と会い、新型コロナ特別措置法の改正に当たって、緊急事態宣言前でも飲食店などへの休業や営業時間変更の要請に実効性を持たせられるよう遵守義務や罰則規定などを盛り込むよう求めた。黒岩氏によると、下村氏は「(知事会の提言を)全て取り入れて進めている」と応じた。

 1都3県を対象にした緊急事態宣言を受けて知事会がまとめた新型コロナ対策の緊急提言を手渡した。知事の要請に応じた事業者への協力金の支援や、臨時の医療施設を迅速に開設できる規定の整備も要請。面会後、黒岩氏は記者団に「感染状況は危機的。宣言後、人の流れがあまり減っていない。徹底した外出自粛が必要だ」と述べた。立憲民主、公明両党にも同様の提言を提出した。

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング