カナロコ

安全利用と地域振興考える
自転車まちづくりシンポジウム

2017年9月28日

 国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所と神奈川新聞社は11月30日、「自転車まちづくりシンポジウム」を開催します。安全で快適な自転車利用環境の創出に向けて考え、観光を推進していく上でのヒントを発見してもらうのが目的です。入場無料。

【日時】
11月30日(木)午後0時半開場、同1時開演(同4時終了予定)
【場所】
はまぎんホール「ヴィアマーレ」(桜木町駅下車、徒歩5分)
【内容】
▽第1部 益子直美氏(女子バレーボール元日本代表)による講演
▽第2部 横浜市、大和市、大磯町による事例紹介
▽第3部 第1・2部の登壇者と斎藤文夫氏(神奈川県サイクリング協会名誉会長)によるパネルディスカッション
益子 直美氏
益子 直美氏
【定員】
300人
【応募方法】
はがき、ファクス、電子メールから応募。いずれも住所、氏名、年齢、性別、電話番号、参加人数を明記し下記あて先まで。

〒231-8445(住所不要)
神奈川新聞社クロスメディア営業局「自転車シンポジウム」係

ファクス045(227)0765
電子メール(s-uketsuke@kanagawa-shimbun.jp
ファクス、電子メールの場合は件名に「自転車シンポジウム」と明記。
【締め切り】
11月20日(月)到着分有効。
応募者多数の場合は抽選の上、聴講券を発送。
【問い合わせ】
運営事務局(神奈川新聞社クロスメディア営業局内)
電話045(227)0811=平日午前10時~午後6時