カナロコ|神奈川新聞ニュース

第30回神奈川地域社会事業賞 実施要項

2017年6月1日

主催
神奈川新聞社・神奈川新聞厚生文化事業団
事業の目的
神奈川県内各地域で、次項の各ジャンルで活動を続ける団体・グループを顕彰することにより、広く県民にその団体あるいは活動を知ってもらうことを目的とする。
応募対象
福祉、国際交流、教育、文化、環境、町おこし、地域振興など各方面で活動している県内の団体およびグループ。ジャンルは問わない。
ただし、
  1. 自治体、その外郭団体、第三セクターなど、その活動を業務として行うことが本来の目的である団体。
  2. 自治体や外郭団体から継続的に補助金を受けており、当該団体における活動資金の相当の比重を占めている団体
は、賞の対象として除く場合がある。
応募方法
文書による他薦および自薦。所定の用紙にて郵送で応募。
応募先
〒231-8445
横浜市中区太田町2-23
神奈川新聞社地域連携局 神奈川地域社会事業賞事務局
日程
平成29年
7月19日(水)=応募締め切り(必着)
7月下旬~9上旬=神奈川新聞社による当該団体調査
10月上旬~11月上旬予定=本審査(神奈川新聞社)
11月下旬予定=表彰式(横浜市内)
審査
主催者の委嘱する審査委員(5名)および主催者の審査委員(3名)の計8名によって審査・選考する。
その手順は次の通りとする。
  1. 被推薦団体について、事務局(神奈川新聞社地域連携局)が書類審査する。
  2. 書類審査を通過した団体を、神奈川新聞社編集局が調査する。
  3. その結果を各審査委員に配布し、本審査前にあらかじめ評価を求める。
  4. これらの評価を基に本審査会で検討し、授賞団体を決定する。
顕彰
神奈川地域社会事業賞として3団体以内に賞状と、賞金を贈る。
お問い合わせ先
〒231-8445
横浜市中区太田町2-23 神奈川新聞社地域連携局
担当:阪本 光章
TEL:045-227-0707
FAX:045-227-0095