カナロコ

第35回夏のすいせん図書読書感想文コンクール

神奈川新聞社は、県内に在住、在学する小学生を対象に「第35回夏のすいせん図書感想文コンクール」を次の通り行います。

募集要項

応募基準

「第35回夏のすいせん図書」(県学校図書館協議会推薦=別提)に指定されている図書の読書感想文。B4判400時詰め原稿用紙3枚以内(1行目に作品のタイトル、2行目に学年・氏名を明記)。未発表のものに限ります。作品は返却しません。

応募方法

学校単位または個人で応募。指定の応募票を添えてください。各部門ごとに10点以上の応募があった学校は必ず校内コンクールを行ってください(10点未満は個人応募)。校内コンクール実施校は学校指定の締め切り日までに先生に提出してください。

送り先

郵便番号231-8445
横浜市中区太田町2の23 神奈川新聞社クロスメディア営業局「夏のすいせん図書読書感想文コンクール」係
問い合わせは、同係電話045(227)0796

締め切り

9月30日消印有効

表彰

低学年(1・2年)、中学年(3・4年)、高学年(5・6年)の各部門ごとに最優秀賞1編、優秀賞2編、佳作3編ずつ。賞状・盾・記念品を贈呈します。校内コンクール受賞者には学校宛てに賞状と盾を送付します。

発表

11月中旬の神奈川新聞紙上。12月上旬に最優秀、優秀作品を紙面で掲載します。

▲ページの先頭に戻る

課題図書

低学年の部
「新しい日本の幼年童話しっぽ!」(竹下文子、学研プラス)
「えっちゃん ええやん」(北川 チハル、文研出版)
「おねえちゃんって、いっつもがまん!?」(いとう みく、岩崎書店)
「たまこおばあちゃんたびにでる」(ませぎ りえこ、偕成社)
「なぞのじどうはんばいき」(さとう まきこ、あかね書房)
「まほうのほうせきばこ」(吉富 多美、金の星社)
「マララのまほうのえんぴつ」(マララ・ユスフザイ、ポプラ社)
「モンスター・ホテルでひみつのへや」(柏葉 幸子、小峰書店)
中学年の部
「警察犬になったアンズ 命を救われたトイプードルの物語」(鈴木 博房、岩崎書店)
「小学校がなくなる!」(麻生 かづこ、文研出版)
「スポーツノンフィクション 私が今日も、泳ぐ理由」(金治 直美、学研プラス)
「ぞくぞく村のにじ色ドラゴン」(末吉 暁子、あかね書房)
「プティ・パティシエール ひみつの友情マドレーヌ」(工藤 純子、ポプラ社)
「まほうの自由研究」(如月 かずさ、小峰書店)
「森の石と空飛ぶ船」(岡田 淳、偕成社)
「りすのきょうだいとふしぎなたね」(小手鞠 るい、金の星社)
高学年の部
「髪がつなぐ物語」(別司 芳子、文研出版)
「宿題ロボット、ひろったんですけど」(トーマス・クリストス、あかね書房)
「空へ」(いとう みく、小峰書店)
「ティーンズ文学館 青空トランペット」(吉野 万理子、学研プラス)
「ナンシー探偵事務所 呪いの幽霊屋敷」(小路 すず、岩崎書店)
「光をくれた犬たち 盲導犬の一生」(今西 乃子、金の星社)
「僕は上手にしゃべれない」(椎野 直弥、ポプラ社)
「まっしょうめん!」(あさだ りん、偕成社)

各種書類

応募票(PDFファイル)
申込用紙(PDFファイル)
告知ポスター(PDFファイル)
チラシ(PDFファイル)

開催団体・企業

主催
神奈川新聞社
後援
神奈川県
神奈川県教育委員会
横浜市教育委員会
川崎市教育委員会
相模原市教育委員会
神奈川県公立小学校長会
神奈川県私立小学校協会
神奈川県PTA協議会
横浜市PTA連絡協議会
川崎市PTA連絡協議会
相模原市立小中学校PTA連絡協議会
横浜市学校図書館協議会
協力
神奈川県読書推進会
協賛
神奈川県書店商業組合
▲ページの先頭に戻る