1. ホーム
  2. カルチャー
  3. みなと音頭披露 中区民祭り盛況

みなと音頭披露 中区民祭り盛況

カルチャー 神奈川新聞  2017年10月11日 02:00

「中区みなと音頭」も披露された区民祭り「ハローよこはま」=横浜市中区
「中区みなと音頭」も披露された区民祭り「ハローよこはま」=横浜市中区

 横浜市中区の区民祭り「ハローよこはま2017」が8日、同区の横浜公園や日本大通りなどで開かれた。音楽や踊りなどが披露され、多くの家族連れでにぎわった。42回目の今回は中区制90周年・市開港記念会館100周年記念イベントとなった。

 飲食、物販など過去最多の112団体126ブースが出展。東日本大震災や熊本地震の復興支援ブースが並ぶほか、日本や中国、韓国のグルメを満喫できる国際的なエリアも登場した。

 ステージプログラムでは、「中区みなと音頭」が県庁で披露された。「マリンタワー」や「馬車道」の言葉も入った歌に合わせ、着物姿の女性が踊り、外国人らも輪に加わった。踊りのグループ「虹乃会」の関根津多子さん(77)は「この音頭が地域で根付き、中区に愛着を持ってもらえる人が増えれば」と話していた。

 実行委員長の平山正晴さん(92)は「これからも地域で団結し横浜の中心部としてリーダーシップを発揮し、区制100周年を目指したい」と話していた。


シェアする