1. ホーム
  2. 社会
  3. ソーダ風呂がお目見え、“ひんやりサービス”に歓声/箱根

ソーダ風呂がお目見え、“ひんやりサービス”に歓声/箱根

社会 神奈川新聞  2009年07月18日 00:00

箱根小湧園ユネッサン(箱根町二の平)に18日、「ソーダ風呂」がお目見えした。夏休み初日とあって、水着姿の子どもたちが早速、ブルーの温泉を楽しんでいた。

ソーダ風呂は、直径2メートルの浴槽3つに張った温泉にソーダの香りがする入浴剤が入れられており、湯温は約32度。メントールやハッカ油エキスなどが清涼感と保湿効果をもたらすという。

「夏らしさを味わってほしい」と、従業員が同じ入浴剤を使った大きな“アイスキャンディー”と“かき氷”を手作りし、毎日午前11時と午後3時の2回、浴槽に投入する「ひんやりサービス」も実施している。

子どもたちは、“アイスキャンディ”が投入されると「冷たーい!」と大喜びしていた。問い合わせはユネッサン電話0460(82)4126。

【】


シェアする