法政二、県勢対決制し関東制覇 高校軟式野球春季関東大会|カナロコ|神奈川新聞ニュース

法政二、県勢対決制し関東制覇 高校軟式野球春季関東大会

「神奈川決勝」を制し、4年ぶり3度目の頂点に立った法政二ナイン =サーティーフォー保土ケ谷球場


 最高の舞台で、最高のライバルをねじ伏せてみせた。慶応にリベンジを果たして上り詰めた関東の頂点。「ずっとこのためにやってきた」。1失点完投の法政二・森田は目を輝かせた。

 右横手投げの森田は外角のスライダーで右打者が多い慶応打線を泳がせ、内角の直球で打ち気をそらした。七回まで無失点。八回に同点とされても、その好投に野手陣が応えた。

 同点の九回2死二塁。8番森は、やや高めに浮いた球に「コースも球種も覚えていない」と必死に食らいつき、決勝打は二塁手と中堅手の間に落ちた。七回には捕手吉村が、味方の悪送球を素早くバックアップ。打者走者を一、二塁間で刺したプレーも光った。

 すべては、目を背けたくなる大敗から学んできたことだ。県大会前の練習試合で、守備の乱れから静岡商に0-10で大敗し「バックアップの大切さを知った」(吉村)。春の県大会準決勝では慶応に0-7のコールド負け。その後は、対淺野を想定した打撃練習を徹底しており、「自信を持って狙い球を絞れた」と殊勲打の森が胸を張る。

 「やってきたことを決勝で出せるなんて」と驚きを隠せない福田惇監督(20)は、前回優勝した2011年の正三塁手。チームは同年夏の神奈川大会も制しており、縁起もいい。4年ぶりの関東王者として、この夏、全国でも大輪の花を咲かせてみせる。

○選手の成長に驚き
 福田惇監督の話・地元開催での優勝は誇り。県大会で負けてからずっと、慶応に勝つためにやってきた。大会中の選手の成長ぶりにはこちらが驚かされた。本当によくやってくれた。

○チーム団結できた
 相村航平主将の話・昨秋までチームはばらばらだった。ベンチのメンバーを含めて団結できたからこそ優勝できた。夏は追われる立場になるが、一試合ずつ徹底して勝ちにいきたい。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR