キングの塔へようこそ ゆるキャラお出迎え|カナロコ|神奈川新聞ニュース

キングの塔へようこそ ゆるキャラお出迎え

県庁本庁舎の公開に合わせ集まった県内のマスコットキャラクター=県庁

 「キングの塔」の愛称で親しまれている県庁本庁舎(横浜市中区日本大通)が2日、一般公開された。ゴールデンウイークの特別イベントとして県内のマスコットキャラクターも集まり、にぎわった。

 普段は見られない知事室などを公開し、県を身近に感じもらう目的で定期的に開催。この日登場したのは、県のキャラクター「かながわキンタロウ」や「しずくちゃん」のほか、厚木市の「あゆコロちゃん」、海老名市の「えび~にゃ」など県内各地の27体。本庁舎の正面玄関に現れたキャラクターたちは、来場者と写真撮影に応じた。

 県産品の販売コーナーやご当地グルメのフードコートが設けられたほか、高校生の和太鼓演奏などで会場を盛り上げた。

 3~5日には県内全13の蔵元が集まり日本酒の試飲販売を行うほか、ミニコンサートなどの催しがある。県の担当者は「多くの人に楽しんでいただきたい。神奈川の魅力を再発見してもらうきっかけになれば」と来場を呼び掛けている。

 庁舎公開は5日まで。午前10時~午後4時。

PR