旬刊:ポルノがコナンと共演 GW公開映画に主題歌|カナロコ|神奈川新聞ニュース

旬刊:ポルノがコナンと共演 GW公開映画に主題歌

男性デュオ「ポルノグラフィティ」(中央)の新曲が名探偵コナンの新作映画に起用されることが決定した (C)2015青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

他の写真を見る
 男性デュオ「ポルノグラフィティ」が4月15日に発売するシングル「オー!リバル」が、アニメ映画「名探偵コナン 業火の向日葵」(4月18日公開)の主題歌に起用されることが分かった。ポルノグラフィティは「大人が見ても難しいトリックとストーリー、子どもが憧れるようなコナンの持つアイテムや個性的なキャラクターが、幅広く支持される魅力だと思います。映画と一緒に、この曲を愛していただけたらうれしいです」と話している。

 コナンの映画シリーズは1997年の公開以降、毎年ゴールデンウィークに新作を発表。前作の興行収入はシリーズ史上最高の41.1億円を超え、累計興行収入は500億円を突破している。第19弾となる最新作は大富豪が集まる米ニューヨークのオークション会場を舞台に、巨匠・ゴッホが描いた名画「ひまわり」の落札をめぐり事件が巻き起こるもの。映画には女優の榮倉奈々(27)がゲスト声優として出演することも決まっている。

 新曲の「オー!リバル」の「リバル」はフランス語でライバルの意味があり、劇中でコナンと怪盗キッドが繰り広げる駆け引きと、歌詞がシンクロする内容になっているという。シングルの初回生産限定盤では映画の主人公・江戸川コナンと、映画で対峙するキッド、そしてポルノグラフィティの4人がコラボレーションしたステッカーが封入され、こちらでも共演が決まっている。

【神奈川新聞】

PR