「ドカベン」香川伸行氏が死去|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「ドカベン」香川伸行氏が死去

「ドカベン」の愛称で親しまれた元プロ野球ダイエー(現ソフトバンク)捕手の香川伸行(かがわ・のぶゆき)氏が26日、心筋梗塞のため死去した。福岡県警朝倉署などによると、同県筑前町の自宅で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。52歳。大阪府出身。葬儀・告別式の日程は未定。

大阪・浪商高(現大体大浪商高)では元横浜(現DeNA)監督の牛島和彦氏とバッテリーを組み、1979年春の甲子園大会で準優勝。夏の大会にも出場し、春夏合わせて5本塁打を放つ活躍を見せた。横幅のある体形と強打が相まって、水島新司氏の人気野球漫画の主人公にちなんで「ドカベン」と呼ばれて人気を集めた。

80年にドラフト2位で南海(現ソフトバンク)に入団し、プロ初打席で本塁打を放った。球団が南海からダイエーになった89年限りで現役を引退した。通算成績は714試合に出場して460安打、78本塁打、270打点、打率2割5分5厘だった。引退後は評論家として球界に携わった。

【神奈川新聞】

PR