【楽しく学ぶ 和の食文化】さつまや本店(藤沢市)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【楽しく学ぶ 和の食文化】さつまや本店(藤沢市)

仕込みから握りまで 職人が手ほどき

1955(昭和30)年創業。国道467号沿いにある老舗のすし・鹿児島料理店で2009年3月にすし作り教室を開講。3代目店主の池田一夫さんが、魚介の仕込み、握り、軍艦・細巻きの作り方を丁寧に指導し人気を集めている。

きっかけは、妻で英会話講師の由美子さんが世界の人々に「日本の食文化を広めたい」という思いから。夫婦二人三脚で、近隣住民や観光客など2000人以上を教えてきた。これまで25カ国以上の外国人も受講したという。

教室は月3~4回実施。2014年10月は6・19・24・27日午後3時~5時半を予定。初回3800円。エプロン、三角巾を持参。詳細はホームページ。

PR