「ハマボール」営業を再開、被災で1年9カ月ぶり/横浜|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「ハマボール」営業を再開、被災で1年9カ月ぶり/横浜

テープカットが行われたオープニングセレモニー=14日、横浜駅西口のボウリング場「ハマボール」

東日本大震災で被災し、休業していた横浜駅西口のボウリング場「ハマボール」が15日、1年9カ月ぶりに営業を再開した。横浜らしく海の水と光をイメージした内装に一新し、落ち着いた空間に生まれ変わった。

ハマボールは、複合娯楽施設「ハマボールイアス」(横浜市西区)の8階にあり、レーン数は20。天井に星空をイメージした照明があり、ブラックライトによる幻想的な演出も可能で、「大人のボウリング場」を意識した施設となっている。

14日にはオープニングセレモニーが開かれ、テープカットや元プロボウラー中山律子さんによる始球式が行われた。

ハマボールは、1970年に開業。世代を超えて親しまれてきたが、東日本大震災で天井が抜け落ちるなどの被害があったため、長期間休業。その間、再開を望む100件以上の声が寄せられていたという。

問い合わせは、ハマボール電話045(311)6700。

【】

PR