中学生ら、憧れEXILEの前でダンス発表会/横須賀|カナロコ|神奈川新聞ニュース

中学生ら、憧れEXILEの前でダンス発表会/横須賀

横須賀市内の中学生約270人が4日、長井海の手公園ソレイユの丘(同市長井)で一堂に会し、ダンスの発表会を行った。人気音楽グループ「EXILE(エグザイル)」のメンバー2人もゲスト参加し、盛り上がった。

「生きた教材で学ぶ」を狙いに「YOKOSUKA Rising Sun Project」と題して市教育委員会や二十一世紀倶楽部などが主催した。

参加した4校の生徒らはEXILEのヒット曲「Rising Sun(ライジング・サン)」の振り付けを、プロの指導も受けながら約1カ月かけて習得した。この日は、同市出身のEXILEメンバー、KENCHIさんとTETSUYAさんがサプライズゲストとして登場。憧れの“先輩”の前でリズミカルな踊りを披露した。

EXILEの2人は「地元の子どもたちと会い、特別な感情が湧いた」「やりきった後の表情がよかった」と感想を述べていた。池上中1年の女子生徒(13)は「(2人の登場に)すごく驚いた。うれしかったし、うまくできたと思う」と興奮気味に振り返った。

2012年度から必修科目となったダンスの授業。武山中2年の男子生徒(14)は「最初は踊るのが恥ずかしかったけれど、今は慣れて楽しい」と充実した様子だった。

【】

PR