松尾市長が教育長人事案を撤回、議会紛糾、候補者が辞退/鎌倉|カナロコ|神奈川新聞ニュース

松尾市長が教育長人事案を撤回、議会紛糾、候補者が辞退/鎌倉

鎌倉市教育委員会の教育長候補人事をめぐって審議が紛糾し、6日に延会された市議会本会議が7日、再開され、松尾崇市長は提案を撤回した。市長は、候補者の東京都杉並区立和田中学校長・代田昭久氏(47)が「辞退を申し出た」と理由を説明した。

本会議では、中沢克之氏(無所属)の質疑で、市長らが代田氏を適任とする国会議員の署名入りの「推薦書」を、中沢氏ら市議4人に手渡していたことが明らかになった。市議に対して「圧力をかけた」と責任を追及され、撤回に追い込まれた。市長は「代田氏および関係者、議会の皆さまにご迷惑をお掛けした」と陳謝した。

一方、市議会は同日、23日に任期を満了する山田理絵教育委員長(45)を教育委員に再任する人事案に同意した。教育委員5人のうち、教育長を含む2人が2012年10月から不在となっている。

【】

PR