相鉄とJRの相互直通線、開業「3、4年遅れ」18年度内に/神奈川|カナロコ|神奈川新聞ニュース

相鉄とJRの相互直通線、開業「3、4年遅れ」18年度内に/神奈川

相模鉄道とJRの相互乗り入れで県央部と都心をつなぐ「神奈川東部方面線」(西谷-羽沢)について、工事を行っている鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜市中区)は23日、工事の遅れに伴い当初予定していた2015年4月の開業時期が3、4年程度遅れる、と発表した。事業費も約99億円増加する見通し。同機構は「可能な限り工期短縮とコスト縮減に取り組む」とのコメントを出した。

同機構や横浜市などによると、神奈川東部方面線は、相鉄線の西谷駅から羽沢駅(仮称)までを新線で結び、羽沢駅からはJR東海道貨物線、JR横須賀線などを経由して新宿などの都心につながる。

工事は10年にスタート。西谷駅周辺や羽沢駅の駅舎、トンネルの掘削工事などを行っているが、深夜も運行している貨物線のダイヤの合間に貨物線と新線をつなぐ工事を実施せざるを得ないこともあり、開業時期が15年4月から18年度内にずれ込むという。

事業費については、地質調査の結果を踏まえた工法の変更や計画変更に伴う追加工事、法改正に伴う新駅へのホームドアの設置などにより、当初想定していた683億円から782億円に増加する見通し。

事業費は国と地方公共団体(県、横浜市)、整備主体の同機構が3分の1ずつ負担する形となっており、市都市整備局の松井恵太鉄道事業推進担当課長は「事業費が増えるのであれば遺憾。(周辺の)まちづくりにも遅れが出るのではないかと懸念している」と話している。

営業主体となる相模鉄道の親会社の相鉄ホールディングスは「誠に遺憾。グループ全体の増収効果も見込んでおり、一日も早く開業していただくよう鉄道・運輸機構に積極的に働きかけていく」とのコメントを出した。

【神奈川新聞】

PR