葉山町長選:山梨氏が初当選、「町民主体の町政」訴え|カナロコ|神奈川新聞ニュース

葉山町長選:山梨氏が初当選、「町民主体の町政」訴え

任期満了に伴う葉山町長選が15日、投開票され、前町議の山梨崇仁氏(34)=無所属=が初当選した。いずれも無所属で現職の森英二氏(72)、元同町議会副議長の伊東圭介氏(44)を退けた。

山梨氏は、「葉山の『おかしい』を直す。しがらみの打破による町民主体の町政の実現を」と訴え、無党派層を中心とする幅広い支持を獲得した。町議2期5年の政治経験ながらも、特定の支持基盤を持たない新鮮さと、30代の若さが有権者の期待感につながったとみられる。

伊東氏は、保守層から手堅く集票したが、無党派層などへと支持を拡大することができなかった。森氏は、かつての支持者の多くが山梨氏に支持を移したことで集票がままならず、前回獲得票から約4200票減らした。

投票率は57・26%で前回の57・96%を0・7ポイント下回った。当日有権者数は2万7396人(男1万2772人、女1万4624人)。

【投票総数】15687

【有効投票】15441

【無効投票】246

【】

PR